« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

イースターとNapervile

久々のブログ更新ですぅ。

先週気分が落ち込むことがあり
ウダウダ~としておりましたが
楽しい週末を2週間連続で過ごす
ことができたのでやっと気持ちの
切り替えができました。

今日は楽しかったこの2週間に
ついてご報告。

2009年4月11日
イースター(復活祭)という祝日に合わせミシガンに
帰省してました。

イースターの詳細はこちらを参照してください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%A9%E6%B4%BB%E7%A5%AD

先週は「激動」の1週間でドタバタしっぱなしでした。
いい話ではないので記載しません。
その流れで週末このお祭りだったので何としても
帰省して負のエネルギーをプラスに転じよう!
という気分でした。

今回の移動はシカゴからミシガンへ初のハズが
運転する車移動です。
「今日は長旅になるから移動頑張ろうね!」
と言って出発した矢先、日本の500円硬化位
の大きさの石が前方から勢いよく飛んで来て
車に直撃。

「ガツン!」

その音の大きさに驚きながら確認すると
フロントガラスに10cm程のヒビが入っている
ではありませんか!
「わー、ヒビが入ってる!」
しかもそのヒビは5分と経たないうちに約3倍に!
これで高速道路を走るのは「危険」と判断して
仕方無く自宅へ引き返しました。

自宅へ戻り早速修理の手配を試みましたが
保険会社、ディーラーともに担当者がイースター
休暇をとっていて修理は早くても月曜日以降
になってしまうそう。
更に気分は落ち込むばかり。。。

この状況を一蹴するにはどうしたものか?

きっとフロントガラスがそんなに容易く
壊れる訳はないだろうという考えから
気持ちを切り替えて再挑戦してみることにしました。

そして何とか2時間半でこちらに到着することができました。

一夜明け、11日は
South Heaven(http://www.southhaven.com/)
という観光地へ行ってきました。

この町にあるお店は全店おとぎ話にでてきそうな
可愛いセンスの良いお店ばかり。
ディスプレイのセンスの良さには思わず時間を
忘れうっとりしてしまいます。飽きません!
その代わり観光地なのでどれもお値段が非常に
良いので(通常価格×1.5倍~2倍)「コレいいな♪」
と思っても思わず買うのを躊躇してしまいます。w

この日のランチは
P4120496 Clementines(http://www.ohmydarling.com/)
というレストラン。
昔銀行だった建物を再利用しているので店内の
家具が豪華です。特にシャンデリアがすずらん
の花のようで綺麗でした。
お店の奥には昔の金庫部屋もあり銀行の面影を
残しています。ユニークです。

家に到着してさてゲームでもしましょうか
という話になり家族で「Apples Apples」と
いうカードゲームをしました。
このゲーム言葉の連想ゲームでプレイヤーが
ジャッジになることもあるので個人個人の
個性と感性が出るゲームです。
言葉遊びゲームなので英語を学ぶには
とてもお勧めだと思います。

P4130500 12日はイースター!
この日は朝から家族みんなで食事作りです。
もし子供がいたらエッグハントという行事も
あるようですが今回は美味しい食事を楽しみ
ましょう♪という雰囲気でした。
さー、準備も整ったし食事開始~と思ったら
食事の前にサプライズ!
両親が私たちの為にイースターバスケットを
準備していてくれました。
可愛らしいお菓子と素敵なTシャツが入って
いてすっかり童心にかえりました。
私たちのギフトは洋ナシのワイン。
でも御もてなしが良すぎてなんだか申し訳ない
気分がたっぷりです。w

P4130509 食事はこの日に決まって食べるハム、卵など
が中心となります。
今回のメニューは
---
アスパラガスと卵:レッドワインビネガー&
         ホワイトワインマスタード風味
ポテト:バター風味
ハム:チェリー&オレンジピールのシナモンソース
デザート:マシュマロ&フルーツ&ナッツの
     卵の黄身&生クリーム和え

     ココナッツケーキ
---
デザートはお義母さんの祖母が考えたものだそう
でイースターの日に決まって作るそうです。
とっても美味しかったですが高カロリーなので
沢山食べることができませんでした。w
それぞれ写真を撮るのを忘れちゃったのでテーブル
セッティングだけになっちゃいました。w
イースターにちなんだウサギのナプキンが
可愛らしい!何と!お義父さん作です!

食後は卵の殻に絵が描かれたイースターエッグ
のコレクションを見せて貰いながらそれに纏わる
エピソードなどを聞いて家族の思い出話に
花が咲いていました。

13日はsaugatuck(http://www.saugatuck.com/index.asp)へ!
ここもSouth Heaven と同じく観光地です。
前回買ったOliveオイルが無くなってしまったので
お店に行ってみると臨時休業らしく誰もいません。
観光時期ではないので皆さん其の日の気分で
開店したり休業したり。。。そう、ハズレです。w
それならば前から気になっていたスパイスの
お店に行ってみたい!ということで数軒隣の
スパイスショップへ。
お店は小ぶりですが取扱商品が幅広く、
スパイス、スープ、コーヒー、紅茶、お茶、食器
調理器具(スパイス入れなど)などが隙間なく
並んでいました。店内はスパイスの良い香りが
広がって正にお客の心をぐっと掴む良いお店。w

P4140511ここも観光地価格ですがついつい色々と購入。w
コーヒー豆をココアとシナモンでコーディング
している変わったコーヒーがあったのでハーブ
ティーとセットで両親のお土産にしました。
自宅用にはスープセットとハーブ、お菓子を
購入です。

そしてシカゴへ帰ってきた私たち。

今週末はハズの友人が住むNapervileに
行ってきました。

前にも話したかもですがこの町はCNNのアンケート
で住みたい町ベスト2に選ばれたことがある場所
なので大変居心地のよい町です。
シカゴの夜は治安なども考え中々出歩くことが
難しかったりします。その為夜の町を気軽に
楽しめないことが私の不満です。
丁度私が訪れた日がNapervileのビアガーデン
OPEN日などと重なったこともあったかもしれま
せんがこの町の人はもっと気軽に生活を楽しんでいる
気がしました。何とも羨ましい。
この町の住民が富裕層が多いというのも
「快適」に見えた理由の一つかもしれません。
今のことろ貧乏人の私(w)はただただ感激する
ばかり。w

夕食はBuffalo Wild Wingsというレストランへ。
http://www.buffalowildwings.com/

ここは、お店オリジナルのソースがかかった
「鶏のから揚げ」を出す店+スポーツバーです。
実はここでハズに騙されました。

私のチキンが最後の1本になったところで
「実はこれは蛙だったんだけど大丈夫?」
と言われ驚きと共に後悔の念が。w
「蛙を食べてしまったー」と絶句。
でもメニューに確かwingsという記載が
あったのでそんなはずはないと思い
指摘するとハズが店員さんを呼び
「これ、蛙ですよね?」と聞く。
「そうそう、蛙だよ、日本では見ない?
今日は美味しいのばかり仕入れたから
楽しんでいってくれよ」と言われて
しまいました。
「本当に蛙だったのかー」と仕方なく
納得し最後の一本をあげた後にメニュー
をもう一度見たところそこには「チキン」
の文字が。w
「ダマしたな!」と横を見ると私の
チキンは食べられた後でした。
面白い冗談ですが店員さんのノリも
良すぎです。w演技がうまかったなー。
お腹が空いていた+食べることが大スキな
私はお返しに「食い物の恨みは怖い」
と日本の諺を返しておきました。w
空腹で食事の写真は撮り忘れてしまいました。

其の後Quigley's Irish Pubへ移動。
http://www.quigleysirishpub.com/PubPictureTour.htm

P4180523 大豪邸をpubに改装したそうで外観も
内装も大変豪華で雰囲気がいいです。
こちらではBlueMoonというビールを
オーダー。ジョッキがでっかい。w
このビール、オレンジのスライスをトップに
のせるのが定番スタイルらしい。
フルーティーで「ビールが苦手」という人も
楽しめる味と思います。結構お勧め~。
ちなみにブルームーンとは「実際に青く見える月」
や「ひと月に2回の満月」のことをいうそうです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%83%B3

P4180527 ビールにはおつまみ!ということで
「おつまみ4種盛り!」みたいなメニュー
も頼みました。キャベツとベーコン?
を巻いたものを春巻きの皮で更に包んだ
揚げ物が大変美味しかったです。
店内はバンドの生演奏が大音量の為、
大声で会話しないといけないのでちょっと
大変ですがこれまた楽しいという感じでした。

一夜明け、今日は買い物です~w

まずは腹ごしらえ。
bd's mongolian barbequeへ。
http://www.gomongo.com/

P4190531 店内にサラダバーのようなカウンターがあり
そこでボールに自分の好きな食材+味付けを
選びます。
そのボールを店員さんに渡すと大きな鉄板で
食材を炒めてくれるというお店です。
御替わりは自由。味は自分次第なので料理を
自分でする感覚と似てる。
最終的に自分がどういう料理にしたいか
想像して食材を選ばないといけないので
中々気が抜けません。w

食後はPenzeys Spicesへいきました。
http://www.penzeys.com/cgi-bin/penzeys/shophome.html

「先週もスパイスは見たじゃない!」という
突っ込みがあると思いますがwこのお店
「是非一度見てみて!」とハズが勧めるので
どんな感じか偵察という気分でした。w
一歩店に入った途端、「あ、ココとっても
いいかもしれない」と気分はすっかり
買い物モード。アメリカではゴミの分別文化
が遅れているので調味料は毎回ガラスの瓶毎
買い換えるのですが日本の分別文化が多少なりとも
P4190535身についている私にはそれがとても気持ち悪い。
このお店は密閉袋に入った「詰め替え用」も
扱っていてそういう気配りも嬉しくなります。
お客さんが多かったこともあり店内撮影は避けた
のですがWEBが簡素すぎるので撮ってくれば
よかったなーと後悔してます。w
今回購入したのはこちら!
「ベイリーフ」
「ジンジャーパウダー」
「チャイブス」(香の柔らかいネギ)
「Brandy Street」(チーズが入ったお店オリジナルブレンド)
このお店は機会があればまた行きたい!

Photo 其の後は隣町?のショッピングモールへ移動。
このモール。大変大きい。
よく出かけた近所のショッピングモールの
3倍位はありそうです。
そして欲張りな私は片っぱしから散策。
とても良い母の日ギフトも購入できました。
モール内に大好きなロクシタンを発見!
ロクシタンはこちらでは「ラクテェィン」と
発音します。不思議な気持ち。w
近所にもあり既に自分のものは購入してたので
今回はハズのシェービングクリームを購入。
「サンプルが欲しい」と言ったら色々と
つけてくれた!こちらではこういうサービスが
珍しいらしくその為ハズは恐縮しっぱなし
でしたが日本では過度でなければ「問題無い」
のことなので私には其の気持ちが理解できず。w
御店の人もすすんで対応してくれた所を見ると
そんなに失礼でもなかったはず?と思ってます。
こういう親切なお店では是非また買い物を
したいです。また行けますように。

ブラブラしてたらあっという間に2時間経過。
なんとこの場所、帰る時まで気がつかなかった
のですが7年前位にハズの友達10名位と
遊びに来たことがある場所でした!
7年間、感慨深い。

落ち込んでいた気分もこの2週間ですっかり元気

を取り戻せたので来て良かった!

そして気になる車のヒビは。。。
成長を止めあれから広がっていません。w
ステッカーなどの事情で暫くこのままに
なりそうです。あらら。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »