« 夏満喫 | トップページ | 技術の進歩(USB フラッシュ メモリ) »

Ed Debevic's

シカゴにあるEd Debevic'sへ行ってきました。

御店の詳細をよく知らない私にハズがにんまり。

July14_001 何かが起こるに違いないと疑いながら御店に入る

と丁度目の前のバーカウンターに店員さんが飛び

乗り、歌って踊るショーが始まりました。w

店内は大盛況!!私も興奮!w

 

July14_005

July14_004_2

内装は50年代を意識しているそうでノスタルジックな雰囲気。

牛と豚がこのお店のトレードマークのようです。

歌が終わり私達もテーブルに通されたのですが

店員さんの言葉が何だかおかしい?

デザートを食べてるお客さんに向かって

「さっさと食べて帰ってよ!」と言ったり

順番を待っている人に向かって

「アンタどこ見てんのこっち!」と叫んだり。

子供が持ち込んだ風船を割る意地悪をしたり。

そうここは「独特な接客」をすることが有名なお店でした!

日本で流行った?ツンデレカフェ?と違うのは

其の昔軽食を提供していたこのお店は常に満員で回転を

よくする為に接客の時間を省いたのだとかその結果

荒々しい接客が多くなりそれが今ではお店の名物に

なっています。「伝統」ですね。w

御客さんも承知しているので怒り出す人はいません。

この日私達の隣のテーブルの70代位の女性が

誕生日ということで店員さんが即興バースデーソングを

披露しましたでも。。。この内容はひどかった。

「年をとったらいいことなんてない♪」
「友達はみんな死んじゃうし♪」

最初はフロアも巻き込んで歌い始めたのですが途中で

それは・・・と皆さんドン引き。

お誕生日の女性も泣いてしまい歌は即終了。

こういうのはちょっとブラック過ぎますね。

私達の扱いはどうだったかというと「観光客」だと

思われたのか非常に甘い対応でした。

(店員さんは観光客には手加減するようです)

|

« 夏満喫 | トップページ | 技術の進歩(USB フラッシュ メモリ) »

アメリカ(シカゴ)」カテゴリの記事

コメント

>junebug様

私も知りませんでした。「地球の歩き方 シカゴ」には掲載されてますが雑な言葉遣いについては記載なしです。w
料理はハンバーガやチキンフライなど普通のものばかりでした。
何が集客するんでしょうね。怖いもの見たさですかね?w

ツンデレカフェはjunebugさんがこちらにいらっしゃる時かもしれません。
私もよくわからないですがメイドカフェのような接客に特徴があるカフェが流行ったんです。
詳細は今日のお食事の時にでも話しますね!(大した話では無いです。w)

>はち

前に見た!ハズはどうも好きではないらしい。
シカゴにもあの手のバーはあるかもね。多分女子を見てるより人ごみ処理が大変だと思うよ。
こちらでは酔っ払ってカラんでくる率が高いからね。w
でもそういうのが多いから出会いが絶えないで恋愛が盛んなんだろうけど。
ちなみに今回のお店はファミリー向けレストランで踊り手もオジサンが2人いた。w

投稿: 管理人 | 2009年7月17日 (金) 11時12分

コヨーテアグリー!
(映画観た?)
NYのコヨーテはまだ健在なのかな??
つか、いくつもあるのね、
アメリカにはそういうバーが(笑)

投稿: はち | 2009年7月16日 (木) 08時58分

私、こんな店がシカゴにあるなんて知りませんでした!
何だか怖いお店ですね、私も泣かされちゃいそう。。
それにしてもそんな思いをしてまでこのレストランに行く
ということは、お料理が美味しいのでしょうか。。?
それにしてもあんまり行きたくないな~(笑)。
「ツンデレカフェ?」って聞いたことないのですが、
ひょっとしてジェネレーションギャップ。。?(笑)

投稿: junebug | 2009年7月15日 (水) 10時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204079/45637309

この記事へのトラックバック一覧です: Ed Debevic's:

« 夏満喫 | トップページ | 技術の進歩(USB フラッシュ メモリ) »