« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

六穀米かがやき

六穀米を食べる生活はじめてみました。

シカゴ郊外のMITSUWAでGETした六穀米の名は「かがやき」。

この袋には「Black Rice」「Purple Barley」「Hulless Barley」
「Rye Berries」「MG Red Rice」「Short Grain Brown Rice」が入ってます。

黒米、紫大麦、Hulless大麦、ライ麦、赤米、発芽玄米かな?

Img_3690

今回は白米2合とかがやき1合を混ぜ炊飯器の

brownライスの3合メモリで炊いてみましたよ。

Img_3691

炊き上がりの感想は。。。モチモチして美味しい~~♪

硬さもとてもよく出来た感じがします。

臭くなるかな?と心配してましたが味に癖が思ったほど無いんですねー。新しい発見!

今回買った六穀米は量が少ないので次回からは白米2.5合、六穀米0.5合で

水は普通(Whiteのメモリ)の3合分で炊いてみてもいいかもしれないと思ってます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いとこ無事帰国

先日無事、いとこが日本に戻りました。

一緒に居た人がいなくなるというのは何だか寂しいもんです。

私達はこの1ヶ月週3~4日くらいで外食を続けたので

いとこと2人で「うー、もう外食はコリゴリ~」なんて贅沢な文句を言ってました。w

外食好きの旦那さんはここぞとばかりいとこを理由に毎食外食したがってましたけどね。w

今回の旅の目的は殆どクリア!文字通り芸術、食欲の秋となりましたよ。
「ミュージカル鑑賞」
「シカゴ美術館」
「メジャーリーグ観戦」
「アメリカンフード堪能(ステーキ、ホットドック、リブ、シカゴピザ)」
「メキシカンフード堪能」
「ミシガンアベニュー散策」
「ミシガンへの旅行」
「アメリカで一番人気の街ネイバーピル散策」
「アメリカの中華街」

折角きてくれたので外出できるだけしました。
私の約2年になるシカゴ生活の経験の美味しいところをぎゅっとまとめて体験した事
もあり「アメリカ生活は楽しくて美味しいね」と言ってもらえました。
ホストとしては嬉しい言葉です。
距離もあるのでまた来てねとは気軽にいえないですがまた来てね。w

恐らく次回は日本で再会かな?その日が今から楽しみです。

そういえば面白いことがありました。
日本へのお土産をESTEE LAUDERで買ったときに販売員の方が
「2人におまけつけたから後であけてね」と大きな紙袋をくれました。
そしてランチのときにおまけを確認したら・・・

Img_3679

これって商品ではないの?と言うくらい豪華な中身!
箱にギフトとあるので本当におまけのようですが口紅2本もついてる!
このGIFT箱1人ずつということで2箱も入ってました。

これですっかりハイテンションになりましたよ~。おばちゃん有難う♪

そんな訳で皆様、是非お土産はESTEE LAUDERで!w

| | コメント (4) | トラックバック (0)

いとこが来てマス②ライオンキング

ミュージカル好きのいとことライオンキングを観てきました!
最近のシカゴは30度近くあって真夏のような天気です。w

ライオンキングのシカゴ公演は実に5年ぶりとあってミュージカル好きには
逃してはならないマスト!な演目のようでチケット入手は困難でしたー。
私達は無事、1階の前から4列目をGET!ステージが近い近い。w
前回に引き続きアナログですが今回もチケットは公演場所の
Cadillac Palace Theatreの窓口で直接購入しました。

チケット購入はこの方法が一番確実です。

Cadillac Palace Theatre
http://www.theatreinchicago.com/theatredetail.php?theatreID=52

Img_3675

劇場内は撮影禁止ですが劇場へ入るまでの入り口周辺には

特に決まりが無いようなので撮影しました。今回も内装が綺麗!こちら天井と入り口付近です。

Img_3671_2

Img_3672

さて見終わった感想は。。。

Img_3670

館内は老若男女のお客さんで満席でした。
相撲でいう「満員御礼」状態ですね。人気ぶりが伺えます。

ライオンキングはディズニーブランドだけあって?
遊園地へ行ったような幸福感をくれました~。w
よくミュージカル入門するにはよい演目といいますが
勧善懲悪で話もわかりやすいです。
特に面白かったのは劇場の使い方と衣装。
色とりどり、色々な役の役者さんが客席まで来てくれますよ。
ツウはこの話を知ってるので一階席の通路側の席を買うそうな。

前回のビリーエリオットも素晴らしいと感動しましたが
施設を満遍なく使うのでよりスケールが大きいと感じます。
見終わった後はスタンディングオベーションで拍手が暫く鳴り止まなかったです。

これから観に行く!という方がいたら劇場の冷房が強めにかかっているので

ブランケットなど持参することお勧めします。w

ストーリーはこちら
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »